ボルダリングに初挑戦!スノーボードのオフトレになるのか独自の目線で考察してみる。

14

あいにくの雨。
トランポリンもこの天候だと濡れていて出来ないのが難点だ。

しかしスノーボードのオフトレは 欠かすことは出来ない。

こんな日はあそこしかない!
と、スノーラボ編集局は白馬のとある場所へ向かう。

そこは白馬駅から徒歩圏内にある「好日山荘」だ!
1


多くの山道具を扱う老舗アウトドアショップだが、もちろん買い物へ来た訳ではない。

今回の目的はボルダリングに挑戦するためにやってきたのだ!

ボルダリングに初挑戦!

つい最近まで、「ボルダリングとロッククライミングは何が違うの?」
レベルだった僕がボルダリングに挑戦してみた。

まずはレジでお金を払う。金額は1人500円/1時間で利用可能だ。
部屋を入る前に専用のシューズを借りる。
ボルダリング用シューズ
普段履いているスニーカー等より、ややキツ目に履くと良いとのこと。

シューズを履いて準備完了。

いざ、ウォールがそり立つ部屋へ!
ウォール

ウォールには色の付いたホールドが無数に並んでいる。
更にそのホールドの側にはカラフルなビニールテープが貼られており、
このカラーによって初心者~上級者までレベル分けされていた。

例えば、初級のピンクを選べば、掴めるホールドはピンクのみを使ってゴールを目指すのだ。

手にチョークと呼ばれる滑り止めをつけて、まずは初級のピンクを登る。
初級ボルダリング

意外に簡単にゴール出来た!

しかし、

筋力を頼りに登るのでなく身体の重心を使え!そうすればもっとラクに登れる!との事。

なるほど~

重心移動を意識して再度挑戦。

次はレベルを一段階あげてやってみる。
ボルダリング挑戦

はぁ…
なんとかクリア…

しかし重心移動が全然うまく出来ていなかったせいか、
腕に負荷がかかり悲鳴をあげはじめる。

重心移動って思ってたよりはるかに難しい。

その後も何度か挑戦するも腕に力が全く入らなくなり、マットの上に崩れ落ちる。
30分もしない内に終わってしまった。

正直、ボルダリングというスポーツを舐めていた。
頭を使って登るイメージする+重心の移動。

うまく登れるようになりたい!!

今回の挑戦は、僕の考えるボルダリングというスポーツに火を点けた瞬間になったのだ。
これからも挑戦していきたいと思う。

スノーボードのオフトレに適しているか考えてみた


結論から言うと僕の答えはイエスだ。
独自の目線で見た結果、そう思った点が3つある!


1、重心移動

先ほどから話題に上がっている通り、重心移動をかなり意識するスポーツだ。
それはスノーボードにも共通しており、足や腰だけではなく全身を使い、重心移動でターンやグラトリを決めるからだ。

2、全身の身体を均等に鍛える事が出来る

自分の体重を支える筋肉、登る時に必要な筋肉で腕や脚はもちろんのこと、普段使わない筋肉も使用するので全身運動になり、効率よく鍛えることができる。
全身を筋トレして鍛えるとなると、部位に合わせて様々な筋トレメニューを行う必要があるが、ボルダリングは全身を鍛えることができるので、全身の筋肉はもちろん、身体のバランスや体幹を鍛えたいスノーボーダーには最適だと言える。

3、個人スポーツであり団体スポーツでもある

ボルダリング

ボルダリングはサッカーやバレーボール等の団体スポーツとは基本的には異なる。
ただ、経験者に指示や応援をしてもらいながら登ったり、仲間が登っているのを見て、撮影したり声をかけたりし楽しむ事が出来る。

それはある意味、団体スポーツであると言える。

今回やってみて、その点はスノーボードとよく似ているように感じた。

最後に

オフトレにもなり、道具も特別に必要としないのでとても身軽に挑戦出来る!
更にボルダリング施設のほとんどは屋内に設置されているので、天候問わず1年中遊ぶことが可能なのだ。

その点についてボルダリングはスノーボードに勝るスポーツだと言える。
ボルダリングに挑戦したことがないスノーボーダーには是非オススメだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です