スノーボーダーの僕が8年間以上履き続けている、そして一生履き続けるであろうシューズを公開。MERRELL Mootopia Laceを毎年選ぶ理由。

IMG_1888_r1_c1

みなさん、自分に完璧にフィットする最高のシューズに出会ったことがありますか?


皆さんは、どうしてもこれではないといけない!というこだわりのアイテムはあるだろうか?

僕は、多少値段が高くても、長く着用し続けられるものを常に選択している。
それがシューズであれ、ジャケットであれ、スノーボードであれ、ギア選びには常に慎重だ。


そして自分の性格上、常に同じものを使い続けることに徹している。

簡単にいうと、どんなジャンルにせよ、最高に良いアイテムに出会ってしまうと、そこから抜け出すのが非常に難しいという結論に至る。
(歳を重ねるたびに、あまり冒険をしなくなるという理由も多少はあるかと思う。)


ノートパソコンですら、10年以上はIBM(現LONOVO)を使っており、モデルもここ7-8年は常にXシリーズと決まっている。

スノーボードも色々と寄り道はして昔は色々なモデルに乗っていたが、なんだろう、滑りに行く回数が少なくなってきたことにより、道具の違いによって生じるいつもと違うライディングや調整、違和感を楽しむ時間的な余裕もなく、滑りに行くならば自分の体に染み付いている確実にフィットするギアですぐにスタートしたいという気持ちがあるのかも知れない。

最終的にはBURTON CUSTOMというTHE定番なボードに落ちついてしまった。


そして今回は、そんな僕が身に着けているアイテムの中で、特にこだわりを持っており、ここ8年間常に共にしている最良のシューズを紹介したい。


今年で8年目・8足目に突入 メレル Mootopia Lace


メレルシューズ
メレルは、アウトドア業界では有名なアメリカで生まれたシューズブランドだ。
このシューズは、ヨーロッパを自転車で横断したときも、世界一周のときも、アジアを放浪したときも常に履いていたシューズだ。

アマゾンのレビューをみると面白いことに
「一生履き続けるであろうスニーカー」 とレビューしている人がいる。

これは僕のレビューではないが、まさにその通り!まさに僕もその一人だ。

なぜ僕がMERRELL Mootopia Laceをずっと履き続けているのか理由を紹介したい。

アマゾンのレビューも絶賛の嵐なのでぜひみてもらいたい。


1.圧倒的な裸足で歩いている感覚

[メレル] MERRELL ウォーキングシューズ Mootopia Lace M J20555 Light Brown (Light Brown/9)
[メレル] MERRELL ウォーキングシューズ Mootopia Lace M J20555 Light Brown (Light Brown/9)

ソールは他のストリート系のスニーカーに比べると薄いつくりになっています。
その反面、ソールに薄いクッションも入っており、長時間歩いていても全く疲れません。

初めて僕がこのシューズを試着したとき思ったのは、「まるで裸足の感触」ということです。

これは、ロングボードに乗るときや、ちょっとしたウォーキングでも地面の感触が直に伝わっているので、「歩いている!」という感覚がたまらなくなります。
またロングボードなどでも、裸足の感覚で、細かい感触での操作が非常にやりやすいです。


2.圧倒的に軽量

重さはサイズによって変わるので一概には言えませんが、超シンプルな設計となっており、前述の通りソールもやや薄めなので圧倒的に軽いです。
シンプルな作りの反面、そと側のシェルもやや薄めのため、かかと部分などがすぐに潰れてしまうので履き方には気をつける必要があります。

3.つま先は幅広で日本人の足に合いやすい

062afb0b-043f-411b-b4db-a1817e8be4ef.jpg._CB290189425__SL300__
写真でわかる通り、つま先部分が幅広に作られています。スノーボードのブーツでもWIDEタイプを選択する自分としてはかなりフィット感が最高です。


4.TPOをわきまえた場所でもギリギリ使える

10038655_6
Mootopia Laceは、シンプルな作りとなっており、全体は牛革です。

そのため、さすがにスーツでは無理ですが、ビジネスカジュアルな場面でもギリギリ問題ないデザインとなっています。

5.色々なカラーを楽しめる

[メレル] MERRELL アウトドアシューズ Mootopia Lace W J575528 Port (Port/7.5)
[メレル] MERRELL アウトドアシューズ Mootopia Lace W J575528 Port (Port/7.5)

Mootopia Laceには、色々なカラーバリエーションがあります。
自分の場合は、ブラックとブラウンを気分にあわせて購入していますが、全体的にはブラウン率のほうが高いです。それ以外にもブルーやワインレッド、ベージュなどのカラーバリエーションがあります。

6.値段がリーズナブル



僕は自分に合うサイズがわかっているので、常にアマゾンで購入をしていますが、アマゾンで送料込みで1万円ちょっとです。

ちなみに、一度デザインが近い、BIRKENSTOCK(ビルケン)を購入したことがあります。メレルのMootopia Laceに外観が似ているBIRKENSTOCK LONDONモデルです。

IMG_1886
値段は、25,000円程度でMootopia Laceの2倍以上の値段です。



個人的な意見ですがBIRKENSTOCK(ビルケン)は、靴底が高く、地面の感触がわからず非常に違和感がありました。またMootopia Laceは、ソールがフラットなのに対して、ビルケンはビルケン独特の足裏にフィットするソール構造となっているため、その反動が非常に大きいかと思います。

スノーボードでいえば、まさにフラットボードからいきなりバリバリのロッカーボードに乗った感触と同じです。

慣れれば履き心地としては全く問題ありませんでしたが、シューがベルトタイプとなっており、シューズを履く度にベルトを開けて締めるという作業が必要で非常に煩わしく、シューズボックスに眠っている結果となっています。

ちなみに、購入したBIRKENSTOCKの店員さん曰く、メレルのこのシューズは本当に名作ですとのこと。


不満があるとすれば


ここまでは最良のシューズとして紹介してきましたが、不満があるとしたら下記2点です。

1.ソールがすぐにダメになる

自分の歩き方によるのかも知れません。ほぼ毎日使って、1年でダメになります。(そんなに毎日歩いてはいません。)
ソールがもともと薄いため、すぐにソールがすり減ってきます。

IMG_1889
IMG_1890
僕に歩き方の場合、写真のように、必ず踵部分に穴が空いてきます。

2.雨に弱い

「抜群のはっ水性と 速乾機能を持ったアッパー素材」という謳い文句はありますが、基本的に牛革でできているため、防水性能には限界があります。
購入して1ヶ月くらいは、かなり水を弾きますが、徐々に防水性能は薄くなってきます。(僕がメンテをしていないというのも理由ですが。。)

そのため、世界一周中もそうでしたが雨の日だけは「Chameleon Storm GORE-TEX」を履いています。






ちなみに、Mootopia Laceは、シンプル軽量なので、バックパックに入れていてもほとんど場所をとりません。こんなに薄くなります。

IMG_1892

最後に、
僕はこのシューズを一生履き続けるだろう


販売されている限り、僕はずっと履き続けるかと思います。
仮に販売が終了とアナウンスがされれば、10足くらいはとりあえずストック用に購入するかと思います。

また、アウトドアでもカジュアルでもどんなシーンにも合うので、外出するときに、履くシューズを迷わなくてよい! それは結構楽で良いです。

もし、このシューズを見かけることがあれば、ぜひ一度試着してみてください!
ちなみにレディース用もあります!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モンクリさん

生粋のスノーボーダー。 よくお勧めのブランドは?と聞かれるが、ボードはやはりB-POP、ウェアはジーンズメイト、ブーツはNAKED派。来季はMASSOへ乗り換え検討中。 世界各地をバックパッカー、NZ留学、ヨーロッパ自転車横断を経て東京理科大卒業後、金融業界でサンデーボーダーに転身、その後世界一周を経てスノーボード買取専門店のスノーボード買取モンスター(モンスタークリフ株式会社)を創業。