いよいよ自撮りも空撮の時代へ!! でもドローンは使わない、カイトを使った超低予算な空撮をDIYで実現。

11328197_2053960108_219large

いよいよ自撮りも空撮へ!!話題のドローンで空撮するの!?いやいやまず始めはこれで。。。

自撮り棒自作グルグルマウント自作ブン回しツールと自撮り方法を紹介してきたが

いよいよ自撮りも空から撮影してみよう!!

今話題のドローンの空撮も最近はかなり増えたが、もっと簡単にコストも安く済む空撮方法を紹介しよう☆

カメラはGoPro HERO 2でそれを空に飛ばして空撮しようと思って用意したのがこれだ!!

VXSaI
 

翼幅が116cm程の子供向けカイトだ!!1,000円以内の低予算で購入出来る。

その他GoPro HERO 2をカイトに装着するために細かなパーツを購入。

m95Uk GoPro HERO 2は、カイト本体には装着せずカイトから少し離れた凧糸に付ける!!

HiNPa

まずは、雪の無い季節に試し撮り!!

EgH4Q カイトが小さいので風が弱いとGoPro HERO 2を持ち上げられず、この時は走って撮影した。

ASIo8
中々良い感じで空撮自撮り出来た☆

pgptR 登山に行った時に同じく撮影したが、風が弱く長い時間は空撮出来なかった。

jOIHF

いよいよスノーボードでのカイト自撮りだ!!

ザックの横に丸めて差込みいざ雪山へ♪♪

aV5Vl カイトはドローンと違い凧糸が付いているので雪山でも木の少ないオープンバーンじゃないと飛ばせない。

GCewv
オープンバーンのポイントを探し、空撮自撮りの準備をと。。。

この時痛恨のミス!!

GoPro HERO 2を凧糸に装着するパーツを忘れたのだ(涙)

しかし何とか仮装着ができ空撮自撮り出来た!!

11328197_2053960103_239large
11328197_2053960108_219large
zkjYZ
だがやはり仮装着なので良い映像は撮影出来なかった。。。

最後に

この時は、子供向けの小さなカイトでGoPro HERO 2を装着して空撮自撮りしたが

やはりGoPro HERO 2では重く上手くカイトが飛んでくれなかった!

GoPro HERO 2は本体が97g、ハウジングが72gと合わせると169gだ。

しかし現在販売されているキューブ型で小型なGoPro HERO Sessionであれば74g程と軽いので上手く行くかもしれない。。。

と筆者は思う!!

GoPro HERO Sessionを知らない方はこのエントリーを参考

雪山での必須アイテム!キューブ型「GoPro HERO4 Session」がスノーボーダーに適している理由

2016.06.03

ドローン空撮の前に、子供向けカイトとGoPro HERO Session の組み合わせで、空撮自撮りしてみるのも良いだろう☆

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

GoPro HERO Session CHDHS-102-JP2 《納期約1週間》
価格:26592円(税込、送料無料) (2016/7/25時点)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です