今や格安でウェアが入手できる時代。5,000円以下のスノーボードパンツまとめ。 2日連続で滑りに行く人は、パンツの予備を持っていくというスタイルがおすすめ。

格安スノーボードパンツ

ウェアは、数千円から数万円、中には10万円に届くような高額なウェアがあり、その幅は非常に広いです。

特に連続で滑りいくときは、ジャケットは良いものの、パンツは特に足元が常に雪と接しているため、乾かすのに時間がかかり翌日までに乾燥が追いつかないケースが多々あります。

次の日にパンツを履くときに、「濡れててなんか気持ち悪い」という感じる人が多いのではないかと思います。

そんな2日間連続ライドをする人のために、いざという時のための格安パンツの紹介です。


いつも雪と接しているパンツだからこそ、パンツは2つ持ちというスタイルが最高

%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%84
周りからその人のウェアのコーディネイトをみたときに、一番最初に目がいって印象に残るのは上半身です。
つまりジャケット、ビーニー、ゴーグルです。

その3点でその人のコーディネイトが大きく変わるといっても過言ではありません。

もちろんパンツのカラーによって全体の見え方は変わりますが、スノーボードにとってパンツは、下部分はビンディングと雪に隠れ、パンツ腰部分はジャケットとパウダースカートに隠れるというなんとも可愛そうな存在です。

事実スノーボードのウェアは、ジャケットはかっこいいデザインやシルエットが多いですが、パンツに関してはジャケットほどではないかと思います。
また金額的にもジャケット>パンツ です。

だからこそ、パンツは2つ持ち、いざという時やイメージを変えたい時はサブのパンツで滑るというスタイルがおすすめです。

そしてなにより、サブのパンツだからこそ、カラーリングも今まで使ったことのない色など、冒険ができるという利点もあります。
それがさらに5,000円以下で手に入るのであれば、思い切ったカラーを選びたくなってきてしまいますよね。


もはや楽天で5,000円以下でパンツが買える時代!
サブで持つパンツは安くて十分!


調べてみると楽天では、5,000円以下で買えるパンツが結構たくさんあります。
セールとかではなく、常に5,000円以下です。

もはや時代は、ウェア上下で5,000円や7,000円なのですから。(下記は格安で有名なOCスタイル)




生地は薄いです!
BURTONなどと比べるとチープ感は否めません。

でもいいんです!予備のパンツ用なのですから!!

ポイントは「価格」そして「カラーバリエーション」なのです!


例えばこのパンツ、3,980円です!




もはや価格破壊。
すぐに壊れるかも知れません。めちゃくちゃ薄い仕様で寒いのかも知れません。
でもいいじゃないですか、インナーを厚手に着れば!
3回行ったら元がとれるレベルです。


旧作で攻めるともっと安い。脅威の3,000円




デザインも悪くないです。ゆったりシルエットで着れる点とカラーに迷彩がある点がおすすめです。


格安とコスパで言ったら行き着く先はPONTAPES/ポンタペス




なんせパウダースカートやジップ、ウエスト調整など機能が豊富で、機能性とコスパでいったら最強のパンツです。
カラーも非常に多いです。
そして耐水性能は10,000mm!!

耐水性能ももはや大手ブランドと互角です。

2万円のパンツを買うなら、ポンタペスのパンツが4つ買えてしまいます。


人気のデニムはやや高め、でも6,500円以下




リアルデニムではなくプリントデニムです。
サブパンツならば、普段買わないようなデザインが良いですよね。
デニムパンツで印象がガラッと変わるのでおすすめです。


ちなみにレディースのデニムプリントパンツなら下記ならもっと安いです。




価格と性能を追求したパンツなら絶対にこれ!それでも8,000円以下




4WAYストレッチスキニースノーボードパンツです。
まさに流行のスタイル。

そして、裏地厚手メッシュとなっており、耐水圧10000以上、透湿性2000g以上です。

まさに一流ブランド並です。



安いウェアは大量生産ゆえに、売り切れ次第終了というケースが多いですので、見つけたときに購入しておくのがベストです!


この冬もいろいろなウェアを着てスノーライフを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モンクリさん

生粋のスノーボーダー。 よくお勧めのブランドは?と聞かれるが、ボードはやはりB-POP、ウェアはジーンズメイト、ブーツはNAKED派。来季はMASSOへ乗り換え検討中。 世界各地をバックパッカー、NZ留学、ヨーロッパ自転車横断を経て東京理科大卒業後、金融業界でサンデーボーダーに転身、その後世界一周を経てスノーボード買取専門店のスノーボード買取モンスター(モンスタークリフ株式会社)を創業。