貸し切りにできるスキー場まとめ。意外にもお手軽な価格でスキー場を貸切にできる時代へ。夢のプライベートゲレンデを実現させよう。

貸切ができるスキー場まとめ

「スキー場貸切」というと、なにやらセレブな香りがプンプンしますが、最近ではイベントなどで貸切にしたりなどある程度のニーズがあるようです。

特に、海外からの日本のツアーをみるとオプションとして貸切にできるなどを売りにしているケースもあり、外国人客からすると、接触して怪我をするリスクもなく安心して楽しめるという利点があるようです。
(日本人が海外で怪我してべらぼうな医療費を請求されるのと同様に外国人も日本で怪我したらかなりの高額な医療費になりますので。。)

また外国人客でなくとも、イベントなどの団体で使用すれば、利用料金も抑えることが可能です。

そこで今回は、「貸切にできるスキー場」をまとめてみたいと思います。


下記情報は2017年1月現在となります。
シーズンにより状況は変わりますのでご留意のほどお願いします。


新潟県の薬師スキー場

ski-yakushi

画像参照 : 魚沼市観光協会


スキー場まるごと貸切」が可能です。
平日のみとなりますがスキー場貸切利用料金(1日)がなんと62,000円
半日貸切もでき、料金36,000円です。

そう、破格な金額となっています。

もともと、営業日が木、金、土、日、祝日のみとなっており、リフトも1基の3コースのみでシンプルなスキー場です。ですが上級者コースはかなり楽しめるエリアになっています。
この料金だと、2,3家族が揃ったら貸切にしちゃっても良いような感じです。

薬師スキー場公式ウェブサイト
http://www.yu-park.com/




群馬県みなかみの赤沢スキー場

みなかみ町営赤沢スキー場

画像参照 : 赤沢スキー場
2017シーズンの貸切予約受付は終了しているようです。


こちらも「スキー場まるごと貸切」が可能です。
ナイターではなく「昼間」です。

99名様以下の場合、リフト1基運行の場合は70,000円となり、リフト料金は無料です。
100名様以上でご利用の料金は、1人あたり1,500円となります。

ゲレンデは、決して大きくはありませんが、100名で遊ぶには十分すぎるほどの大きさです。
上級コースは35度の斜度があり、初級から上級まで楽しめるスキー場です。

イベントなどで使用するには、都内からのアクセスも良いので最強ですね。

残念ながら2016-2017シーズンの貸切予約受付は終了しているようですが非常に魅力的な貸切です。

赤沢スキー場貸切営業について
http://www.akasawa.biz/tools/kasikiri.html




兵庫県神戸市の六甲山スノーパーク

六甲山スノーパーク

画像参照 : 六甲山スノーパーク

平日ナイター貸切プランがあります。
平日の月曜から木曜までの19時30分から22時30分まで利用が可能です。

価格は税込30万円。最大24時までは30分毎に50,000円の追加で延長が可能です。

最大人数は200名までで、200名を超える場合は要相談となるようです。
200名を集めると、1人あたりの料金は「1,500円」となります。

19時30分から22時30分まで3時間利用したとすると1時間500円となり、この価格でゲレンデをジャックできればリーズナブルと言えます。

参考
六甲山スノーパークの「平日ナイター貸切プラン」開始のニュースリリース



志賀高原の焼額山スキー場

参考
プライベートナイター貸切サービス! |志賀高原焼額山スキー場


貸切ができるゲレンデの中では最も知名度が高いスキー場です。

プライベートナイター貸切となります。
第4ロマンスリフトとサウスコース(960m)を貸切可能です。

焼額山貸切 画像参照 :焼額山スキー場 コースマップ

時間は夕方6時から8時となりナイターが営業している日は利用不可です。
料金はリフト料金込で100,000円です。

「私をスキーに連れてって」ばりの演出やプロポーズをするには、このスキー場一択ですね。



長野県のトガリハイランド白樺スキー場

参考
ナイターゲレンデ貸切予約 ご案内


ナイターゲレンデ貸切となります。

料金は20名までは42,000円
21~40名の場合は+1名様毎に42,000円+1,300円(1名様)×人数となります。
41名以上は60,000円です。

リフト営業時間は午後18時から夜20時の2時間です。


埼玉県の狭山スキー場 貸切オールナイト

狭山スキー場 画像参照 :狭山スキー場公式ウェブサイト

関東圏内のスノーボーダーにはおなじみの人工雪のスキー場狭山スキー場です。
狭山スキー場は貸切オールナイトが可能です。

特にシーズン開始前は、ショップなどが主催しているオールナイトイベントなどもよく開催されており馴染みのある方も多いかと思います。
とにかく都内から近いのでアクセスは最強です。

お値段などはASKとなっております。



以上が現時点で貸切が可能なスキー場となります。

日程はかなり前から予約が必要かと思いますが、貸切の日がパウダーに当たった日には、最強なTHE DAYになるのではないでしょうか。


なお、貸切を検討している人は各スキー場へお問い合わせや確認をお願いします。
そして、貸切にした様子をぜひスノーラボへ寄稿お願いしますm(_ _)m


ご注意
貸切は事前予約が必要で各種日程等の条件がございますので各自でご確認お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モンクリさん

生粋のスノーボーダー。 よくお勧めのブランドは?と聞かれるが、ボードはやはりB-POP、ウェアはジーンズメイト、ブーツはNAKED派。来季はMASSOへ乗り換え検討中。 世界各地をバックパッカー、NZ留学、ヨーロッパ自転車横断を経て東京理科大卒業後、金融業界でサンデーボーダーに転身、その後世界一周を経てスノーボード買取専門店のスノーボード買取モンスター(モンスタークリフ株式会社)を創業。