【レビュー】スノーボードの自撮り、追い撮りに最適な防水ジンバルが登場。もう絶対に映像がぶれない!FEIYU TECH G5 3軸手持ちジンバルを竜王スキーパーク木落しcコースで自撮り撮影してみた!!

15940507_1248040421951933_2416947812468021129_n

ジンバルって知っていますか??
スノーボードの自撮り、追い撮りに最適な最強アイテム

皆さん、ジンバルって知っていますか?
ジンバルとは、傾きなどを検知する各種センサーが搭載されており、通常の自撮り棒などと違って取り付けしたカメラを一定の方向に向きを保つことができるアイテムだ。
スタビライザーと呼ぶ人もいます。

カメラを急に違う方向に動かしても、その方向にヌル~っという感じで滑らからにその視点に軸が自動的に移動して撮影が可能となる。


自撮り棒の場合は必ずといっていいほど、手元がぶれてしまい、自分やアイテムに焦点をあわせ続けるのが困難で画像がガクガクと動いてしまうケースが多いが、ジンバルを使うことで非常に滑らかで映像にブレがないプロが撮ったような映像を残すことが可能だ。

そしてスノーボードでは「GoPro+ジンバル」が最強と言われている。

ついに防水仕様のジンバルが登場!
早速その性能をレビューしたい!

カメラの水平を保ち滑らかな撮影が出来る3軸手持ちジンバルと言えば、最近DJI OsmoGoPro Karma Gripなど知られているがどれも防水仕様にはなっていない。

スノーボーダーはやっぱり防水仕様が欲しい!!

そんななか昨年2016年12月15日にFeiyu TechからGoPro HERO5などに対応した生活防水仕様の「G5」がFEIYU TECHから発売された!!

まずは竜王スキーパーク木落しcコースで「G5」を使用して自撮りしてきた映像を見てもらいたい!!



0:00~0:56までが「G5」を自撮り棒で延長して撮影したもので、それ以降は自撮り棒のみの撮影だ。

背景がほとんどブレず撮影出来ていることが解る♪♪

ではFEIYU TECH G5を詳しく紹介しよう!!

下の写真はカメラを取り付けてない状態で

15940747_1252135691542406_324021632666485933_n
これがGoPro HERO3を取り付けた写真だ。

16114333_1253005528122089_3631957915369895219_n
残念ながら「G5」は、GoPro HEROシリーズの防水ハウジングには対応していない。

そこで今回は、防水ハウジングも必要とせず水深10mまで防水対応になっているGoPro HERO5と組み合わせて使用した!!

16115059_1253005514788757_3977649428500877668_n
GoPro HEROシリーズの他にもYi cam 4K やAEEなどのアクションカムも装着出来るが、カメラも防水で装着出来るのはGoPro HERO5のみだ。

気になる「G5」の価格は35,500円(税抜)で防水だが生活防水仕様なので水中での使用は出来ないが雪山での使用は問題ないだろう!!

1/4ネジを標準装備し自撮り棒や三脚との組み合わせも可能

自撮り棒はこのエントリーを参考。今回「G5」はハクバ 一脚ポール80との組み合わせ。

自撮りが好きで5年前から使い始めた自撮り棒。スノーボードではどんな自撮り棒が良いのか!!

2016.07.08


バッテリーはなんと8時間も持つ仕様になっている!!

バッテリーが長く持つのはとてもありがたい☆

ちなみにGoPro HERO5のバッテリーは結構早く終わって行くので気を付けて欲しい。

G5」の重さだがバッテリーを含めると300g程ある。GoPro HERO5が118gで今回200g程のハクバ 一脚ポール80との組み合わせ合計618gだ。。。

最長3段に伸びるハクバ 一脚ポール80だが、今回は2段伸ばした長さで使用したが重くて左腕が疲れたので腕力の無いスノーボーダーはキツイだろう(汗)

下の写真のようにジョイスティックでカメラを自分側に向け自撮り撮影出来る。

16142820_1264713760284599_8061666139159729202_n

本体のジョイスティック以外にもiPhoneのアプリ「FY Settings」(iOS版のみ)でも操作可能!!

16265863_1264713763617932_1432970135778783603_n
16265227_1264713766951265_876123491027436915_n
設定ボタンでは細かいセッティングも出来るのだがマニュアルが無いためスノーボードに適したセッティングは現在分からない。。。

設定画面

16265649_1264713773617931_6707566858960908569_n
モーター設定画面

16299270_1264713840284591_1335617490343146228_n
フォローモード設定画面

16195430_1264713843617924_8899834807665709272_n
Tilt Rocker設定画面

16299328_1264713853617923_8129076795080756169_n
※詳しい設定方法が解ったら追記していきたい

G5」の動作モードは流し撮りモード傾斜モードロックモードと3種類のモードがあるのだが、スノーボードの自撮りとしてはいずれも滑走スピードに現状だと付いて来れない感じがする。

具体的には、ターンの幅が大きいとカメラが自分の方向から外れてしまうのだ。。。

冒頭の映像は上手く撮影出来た部分のみ使用した!

斜面に対して小さいターンで真っ直ぐ滑り降りるには、ロックモードが有効だがこれもコースによっては真っ直ぐ滑り降りれない場合は自分とは違う方向に向いてしまうのでNGである。

DJI Osmoには確か撮影対象をカメラ追えるモードが存在してたと思うが「G5」にその機能はないのでスノーボードの自撮りには不向きな感じがした。

自撮りには不向きな感じがしたが追撮りには良いかもしれない!!

追撮りでは、下の写真のように持ちたくなるのだがこのように持つと

16299203_1264874810268494_4217108405841319157_n
ターンした時にスピードに付いて来れない。。。

16299363_1264874803601828_7559371139741700622_n
16195058_1264874760268499_7198372046674712068_n
追撮りするにはバーを垂直に持つと追撮りしたいスノーボーダーに付いて行けるだろう!!

16265294_1264874816935160_2780123736772879886_n
垂直に持つと撮影したい方向にスムーズに向いてくれる!!

今回撮影した竜王スキーパークの木落しcコースだが「G5」を使用しないで自撮りした木落しbコースも気持ち良く滑れて撮影出来たので見て欲しい☆



16265306_1262357243853584_8630238283458863655_n
16174835_1262357283853580_495638483067808985_n
竜王スキーパーク木落しコースを知らない方はこのエントリーを参考。

長野県諏訪で7年に一度の天下の大祭「御柱祭」の木落しが開催。だがスノーボーダーとっては、やはりこの「木落し」だろう!!

2016.07.12

竜王スキーパークの木落しコースはヘルメットが着用義務になったので注意

竜王スキーパーク木落しコースだが2016-17シーズンからヘルメットが着用義務になった!!

筆者はいくつかヘルメットを持っていたが、今シーズン新しいヘルメットを購入しステッカーチューンもして2年振りの木落しコースの滑走を楽しんだ☆

16114369_1257875940968381_1466061107999206837_n
16195525_1257875947635047_2588919570659156264_n
尚、今までのシーズン同様に上級者専用エリアとなるので、ヘルメットだけ用意した初級者・中級者は滑走出来ないので注意して欲しい。

最後に

今回自撮りでFEIYU TECH G5を使用し映像はブレなくキレイに撮影出来たが、スノーボードの滑走中の迫力を表現するにはジンバルを使用せず通常の自撮り棒で撮影した方が伝わるかなと個人的には思った。

この先「G5」は追撮りでの使用が多く多くなると思うが、ヴァージョンアップやアプリの更新も期待したい!!

 
 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 GoPro HERO5 BLACK CHDHX-501-JP
価格:49980円(税込、送料無料) (2017/1/27時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハクバ 一脚ポール 80[KUP80]
価格:3261円(税込、送料別) (2017/1/27時点)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です