スノーボーダーならばオフでもスキー場で遊ぶよね?スキー場のオフシーズンの魅力をお伝えします。

IMG_1736

巷はもはや初夏の気候。いつのまにかお山に緑が生い茂っている状態。先月までスノーボードができたなんていうのは信じられないぐらい暑い。

スノーボーダーにとっては冬のレジャーランドであるスキー場。今回はスキー場の話をしたいと思う。スキー場は冬のものと皆さんは思っているかもしれないが、実は夏も遊べるように元気に営業しているところも多いのだ。残念ながら雪遊びはできないが、今回はスキー場の夏の遊び方をご案内したいと思う。

IMG_0830

スキー場。実は夏でも営業しているところがあるという事実。


スキー場は冬のイメージが強い。実際に雪の上を滑るために開発されているのだから冬がメインである。しかし、実は夏場のオフシーズンでも別の顔をもって夏場も営業しているところもあるのだ。そして、大体のオフシーズンのスキー場はその予想通り人は少ない。なので、夏場の人気スポットを避けてゆったりと遊びに行く場所としては意外とアリなのである。

プールや海、花火大会などの夏の人気スポットを避け、人が少ない夏場のスキー場に遊びに行くのは、休暇を家族でゆっくりと過ごしたいファミリーなどにもおすすめだ。冬と違い宿泊施設にも余裕があるので、緑の中でゆっくり時間を過ごせる良いレジャースポットだと思う。夏の休暇シーズンに激混みするレジャーランドにいって、炎天下の中アトラクションに乗るのに1時間以上並ぶよりも、健康的で有意義な休日の過ごし方になるのではないだろうか。

IMG_1547

サマーゲレンデでスノーボードの練習ができる!


群馬県丸沼高原スキー場や新潟県GALAスキー場やかぐらスキー場は夏場でもスノーボードを楽しめるように人工芝のような滑走用のマットを敷き、サマーゲレンデとして運営されているスキー場がある。自分のギアを持っていってもよし、レンタルをして手軽に滑ることもできるぞ。シーズンに向けて練習を兼ねてサマーゲレンデを楽しんで見るのもオフシーズンのアクティビティとして面白い。夏にリフトを乗ると高く積もった雪がないのでリフトが高く感じられのが地味にスリリング。

実際に遊びに行く際は、水を撒くサマーゲレンデも多いので濡れてもいいように着替えを準備してヘルメットなどのプロテクターあると便利なので用意していくことをお勧めするぞ。また、滑走の様子はYoutubeなどで滑走している様子の動画を見ることができるので興味のある人は見てみるといいだろう。

トレッキングやキャンプ施設として遊ぶ!


スキー場各地は標高の高い山に建設されていることからトレッキングの登山道の入り口として活用されるところも多い。ゴンドラやロープウェイを夏場もトレッキング用に運行させている場所もあり、これを活用すれば少ない時間と労力で標高を稼ぐことができるので、手軽に山歩きを楽しめる。また、駐車場やセンターハウス、レストランやトイレが利用できるのでトレッキングを楽しむには便利なとても場所だ。

さらにキャンプ場になるスキー場も多い。夏休みシーズンになると有名なオートキャンプ場なんかは予約もとりずらくなるものだが、スキー場のキャンプ場はそのイメージからか穴場スポットになっているのだ。長野県の野沢温泉スキー場はキャンプ場としても、夏場も近くの温泉が楽しめるキャンプ場ということからで人気が高い。冬とは違ったスキー場の景色を楽しみながら、ゆっくりアウトドアを楽しむのもスノーボーダーの夏の過ごし方としてでアリではないだろうか。

IMG_1347

フェスが開催されるスキー場もあるのだ!


超有名フェスであるフジロックでお馴染みの苗場スキー場や、群馬県水上高原のニューアコなど、スキー場やスキー場近辺を利用したフェスが開催されることも。スノーボーダーになじみの場所がイベント会場になることもあってとても親近感を持って参加できるぞ。スキー場は標高も高いので気温や湿度も低いので快適に過ごせるし、近所に温泉もある。スキー場でのフェスは遠慮なく汗をかいて盛り上がることができるのだ。

その他にも各地のスキー場では東京の雑誌やイベント情報に出てこないローカルなフェスが開催されることもある。そういうフェスは音楽を聴きながら広いスペースでマイペースにゆっくりと時間を過ごすことができる。フェス本来の楽しみ方ができるので、興味のある方はローカル紙やSNSなどの情報を調べてみるとよいだろう。

サバゲーフィールドやMTBコースに変化するスキー場も!


面白いところだとサバイバルゲームのフィールドとして使われるスキー場もある。群馬県の川場スキー場はサバゲーフィールドとして有名。レンタルもあるので手ぶらで行って気楽に遊ぶことができるぞ。BBQ施設と隣接しているので、スノーボード仲間とサバゲーとBBQなんて盛り上がるのではないだろうか。

また、長野県富士見パノラマスキー場はゴンドラ回しができるMTBのコースとしても有名だ。夏に行くとトレッキングやMTBで利用客でイメージよりも活気があることに驚くだろう。その他にも山梨県のふじてんなんかはサマーゲレンデ・サバゲーなど複合的なアクティビティができる場所に変化する。探してみると夏場はスケートパークやマウンテンボードなどで遊べるスキー場もあるぞ。

IMG_1736

というわけで、今回はオフシーズンのスキー場の楽しみ方をご案内してみた。

こうやってみると各スキー場はオフでも遊べるように営業努力をしているのがわかる、是非冬にお世話になっているスキー場に夏場も行って見てほしい。冬場とは意外と別の顔があるので、今年のオフシーズンの週末はスキー場を行先の候補にしてみるのはいかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です