スノーボードが大好きな「社会人スノーボーダー」に聞いてもらいたいイギリスのある哲学者のスピーチとは…

スノーボーダーに聞いてもらいたいスピーチ

小さな村のスノーボード査定士」ことモンスタークリフ(株)の佐藤(@otoshi_s)です。

今回は、生涯スノーボーダーとして何歳になってもスノーボードを追求していきたいと思っている方に見てもらいたいイギリスのある哲学者のスピーチです。

大好きなスノーボードを生涯続けるということは決して平坦な道ではありません。

過去に色々な理由(環境が変わり、考え方が変わり、一緒に遊ぶ仲間も減り)でスノーボードを辞めてしまった仲間を沢山見てきました。

大好きなスノーボードをみんな何で辞めてしまうんだろう~と悩んだ頃もありました。

しかし、どんな環境になっても大好きなスノーボードをし続けたい。
夢を追い続けたいと思っているスノーボーダーにぜひ聞いてもらいたいスピーチです。



僕はこの動画を見て、実はお金のことを全く考えなかった若い時にやりたいと思った夢が自分自身の生涯で本当にやりたいことなのではと思いました。

初めてリフトに乗った時、初めてキッカーで飛んだ時、初めてノートラックのパウダーを滑った時、あの時に感じた感覚…

誰よりも大好きなスノーボードを生涯追求する。って思った頃…
 
スノーボーダーとしてあの時の気持ちに「原点回帰」し今の環境や考え方を考えさせられる素敵なスピーチだと思います。

スノーボーダーである僕が関東から豪雪地帯に移住して3年経過...田舎移住して何を想うのか...本音で語ります。

2017.07.23

大人が本気で遊ぶと家の屋根が滑り台になる… #スノーボード #スノボ #snowboard #snowboarding #japan #japow

佐藤敦俊@monster_cliffさん(@atsutoshi_monster_cliff)がシェアした投稿 –




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です