北海道新幹線開業で本州と北海道のアクセスが便利に! 新幹線で北海道へスノーボードトリップができる日も近い! 北海道新幹線トリップまとめ。

北海道スノーボード

ニュースでも多々特集されていますが、ついに2016年3月26日に北海道新幹線が開業となります。
これで本州と北海道のアクセスが劇的に変わり、スノーボーダーにとっても、北海道がより身近な存在になります。

スノーラボではそんな北海道ジャンキーなスノーボーダーのために、北海道新幹線を使った現状でのトリップ事例と今後の北海道スノーライフをご紹介したいと思います。


※2016年3月時点の記事となります。交通事情かスキー場各社の努力により駅からスキー場へのアクセスがより良くなる可能性もございますのでご留意ください。



ここ重要! 札幌までは直通で行かないので注意!


IMG_1438_r2_c5 加工前の写真参考 : 北海道公式ホームページ(http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/skt/gaiyo.htm)


2016年3月26日の開業時点では東京-新函館北斗間が乗り換えなしで最速4時間2分(約4時間)で行くことができます。
ですが現時点ではあくまで「東京-新函館北斗間」までの開業であり、札幌までは直通ではないので注意が必要です。

もちろん、新函館北斗から電車を乗り換えて札幌まで行くことは可能です。

では新函館北斗っていったどこ??!


北海道マップ
そう、札幌より結構南です! そして函館からもやや距離があります。

ちなみに、東京-札幌間の夢のような新幹線ルートの開通は、「平成42年度末開業予定」です。

開業は、なんと平成42年!! つまり2030年となります。

そう、まだまだ先! 年齢的にそれまでスノーボードができる体力を維持する必要もあります。


東京-新函館北斗間は、何時にできれば何時に到着するのか?


man with red bags at the airport
現状では、電車で北海道へ行こうとすると「東京→函館」でだいたい最短で5時間から5時間半程度かかります。(新青森にて乗り換えをしてJR特急スーパー白鳥にて函館に向かうルートです。)

それが、北海道新幹線の開通により、最短4時間2分となります。
この4時間というのが結構重要なようで、4時間以内だと心理的に飛行機より電車を選択する人が増えるらしいです。

現在の時刻表的には、東京駅発6:32分の新幹線はやぶさに乗って、新函館北斗に11:09分の到着となります。

ここまでいい感じですが、現状ですと、その後乗り換えをして札幌到着が14:41分となります。早朝にでたらお昼過ぎのおやつの時間に到着となるわけです。
現状だと、やはり札幌まで行くには時間がかかりすぎる印象です。


飛行機と比較すると札幌到着までどれくらいの時間かかる?


スノーボード飛行機旅行
ちなみに、私の職場は、ふなっしーのお膝元「千葉県船橋市」にあります。
そこで船橋出発を起点として、新幹線と飛行機でどれくらい差があるのかみてみたいと思います。
船橋は羽田でも成田でも比較的アクセスが良い場所にあります。どちらの空港も1時間程度でアクセスが可能な立地です。


新幹線の場合 飛行機の場合
船橋発 5:50分→
東京着 6:15分
船橋発 6:08分→
羽田着 7:19分
東京発はやぶさ 6:32分→
新函館着 11:09分
羽田空港発 8:00→
新千歳空港着 9:30分
札幌到着 14:41分 新千歳発→
札幌到着 10:40分
合計 約8.5時間 合計 約4.5時間

飛行機のほうが乗り換えが多々あるので、その点を考慮して札幌到着を約11時としても、3.5時間くらいの差があり、飛行機のほうが早く到着します。
つまり往復の時間差で7時間となります。限られた時間の中でのトリップですと、半日分ほど滑れる時間とイコールになってしまいます。

新幹線と比べて飛行機の場合、空港までのアクセスやその後の乗り降りや乗り換えがあるものの、札幌を起点としてスノーボードやスキーを楽しむには、やはりまだまだ飛行機のほうに分があるように思われます。

ちなみにニセコまで行くとどれくらいの時間かかる?



新函館北斗駅からニセコ駅まで電車で行こうとすると4時間かかります。
反面、札幌や新千歳空港からは、ニセコ行きの直行バスがありますので空港からだと3時間程度で到着します。

現時点では、新函館北斗駅からニセコ行きのバスの運行等の情報はありませんがこれは今後に期待です。
GoogleMap上ですと、新函館北斗駅からニセコまでは車で2時間ちょっとで行ける距離にあります。


つまり新函館北斗駅からニセコ行きのバスが実現すれば、新幹線もしくは飛行機で行ってもだいたい同時刻にニセコに到着することとなります。(バス会社の採算とれなさそうですが。。)

つまり飛行機でも新幹線で東京を6時半くらいに千葉を出発して、13時頃にニセコに到着となります。


新函館北斗周辺にもスキー場がある


今回の開業では、東京から新函館北斗駅までとなりますが、新函館北斗駅周辺にもスキー場があります。
函館七飯スノーパークなどです。
なので時間があれば、一旦函館でスノーボードを楽しんで、ニセコや札幌方面へ北上するという方法もアリかと思います。

グリーンピア大沼スキー場 公式HPはこちら
ニヤマ高原スキー場 公式HPはこちら
函館七飯スノーパーク 公式HPはこちら


2030年には、ニセコもガーラ湯沢ばりに日帰りで行って帰ってこれる日もくるはず

北海道へのスノーボード旅行はもっと便利になる


2030年には東京-札幌間が開業となります。
途中駅でなんとニセコのすぐお隣の倶知安駅も停車するのです。

IMG_1438_r2_c5




倶知安駅(くっちゃん)はニセコのからのアクセスに非常に良好です。

これが実現すると東京駅から乗り換えも最小でニセコへ行けるという夢のラインになります。

朝6時に東京駅を出たら、お昼くらいにはニセコに到着しているという感じになるかと思います。
まるでニセコがちょっと遠いいガーラ湯沢になるわけです。

さらに言うのは、時間的には早朝に東京をでて、お昼からニセコで滑り、夕方にニセコをでて夜に東京に戻るという、ニセコ日帰り弾丸旅行もできなくはないわけです。(たぶん)

みなさん、来たる2030年までスノーライフを楽しみましょう!


最後に皆さんに伝えたいこと


長々と北海道新幹線の良さを伝えて、大事な事を言い忘れれましたが、
新幹線ってめっちゃ高いから!!

東京-新函館北斗間で片道22,690円
往復すると45,000円オーバーDAYO!

飛行機なら片道1万円以下だけどね!


そんじゃーね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モンクリさん

生粋のスノーボーダー。 よくお勧めのブランドは?と聞かれるが、ボードはやはりB-POP、ウェアはジーンズメイト、ブーツはNAKED派。来季はMASSOへ乗り換え検討中。 世界各地をバックパッカー、NZ留学、ヨーロッパ自転車横断を経て東京理科大卒業後、金融業界でサンデーボーダーに転身、その後世界一周を経てスノーボード買取専門店のスノーボード買取モンスター(モンスタークリフ株式会社)を創業。