【屋内ゲレンデ】スノーヴァ新横浜のシーズン中とオフシーズンのスケジュールの違い

IMG_0054

屋内ゲレンデスノーヴァ新横浜が12/5(水)でオフシーズン営業からスノーシーズン営業に切り替わります。
つまり今週がスノーヴァ新横浜の平成最後の擦り曜日(ジブアイテム設置日)というわけです。

オフシーズンとスノーシーズン中で営業スタイルが違うので公式HPをしっかりチェックしてから行こう!

スノーシーズン中(12/6-2019年5月上旬?)

この期間は、ジブアイテムが置かれない平バーンになります。
新横浜のディガーさんたちも山に篭ったりしますし、お客さんも雪山がメインになるだろうということで毎年こういうレイアウトになるそうです。

なのでシーズン中に「近くの屋内でジブの練習がしたい!」と思っても、初心者用アイテムが左隅に置いていあるだけなので要注意です。
逆に「ちょっと自分の滑りを確認したい」「キッカー飛びたい」というニーズだったら空いてて良いと思います!

週間スケジュール

http://snovashinyoko.co.jp/scheduleplan

今週が平成最後の擦り曜日(ジブアイテム設置日)

スノーヴァ新横浜のジブアイテム設置日はすごく整備されていて滑りやすいですよ。
IMG_0054
照明もLEDに変わったので明るくて見やすいです。
IMG_0056

キッカーは2WAYで、スノーヴァ溝の口のキッカーよりもよく飛べます。
IMG_0058

スノーヴァ新横浜の施設情報


【営業時間】
平日 11:00~22:00
土日・祝日 9:30~21:00

【施設料金】
HPを参照

【公共交通機関】
筆者は車が無いので、いつも公共交通機関を使って足を運んでおります。
・JR新横浜駅下車→バスターミナル8番乗場104系統「鶴見駅西口」行き「陸橋下」バス停下車
・JR鶴見駅下車→鶴見駅西口みずほ銀行前乗場104系統「新横浜駅」行き「陸橋下」バス停下車
「陸橋下」のバス停で降りれば目の前に施設が見えるので、全然いけますよー!

ただ22時くらいになると、帰りのバスがめちゃくちゃ本数減るので要注意です。

【車の場合】
駐車場は45台分完備
・第三京浜道路 港北IC→環状2号線 JR新横浜駅T字路左折 三ッ池公園北門そばから20分→スノーヴァ新横浜
・首都高速横羽線 汐入IC→末吉橋交差点左折20分→スノーヴァ新横浜

屋内ゲレンデも活用してスキルアップしましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Takahiro Nishii

終わりのない冬を求めて年中スノーボードをしています。アンダーグラウンドとオーバーグラウンドを行き来できるライディングのレベルと知識の豊富さが売りです。 ノルウェーで篭っていたので日本で1番ノルウェーのスノーシーンについて詳しいです。 3S(Snow,Skate,Surf)中心の生活がモチベーション。滑りも仕事もオールラウンドなスタイルを意識しています。

> Endless Winter
> instagram
> Facebook
> Twitter