スノーボードの歴史を感じるイベント「VINTAGE SNOWBOARD MEETING」に行ってきました

IMG_9930

11月23日(土)は原宿のデウスアートギャラリーで開催された「Vintage Snowboard Meeting」に行ってきました。

Vintage Snowboard Meetingとは?

Roots Grooveを主催するザスノーボードミュージアムの三澤勝男、田口勝朗、佐藤 圭らによる希少なヴィテージスノーボードコレクションが展示されており、昔のスノーボードを身近に感じることが出来ます。また滝沢“タッキン”利行、佐藤“トチ”整、樋貝吉郎の3人のフォトグラファーの写真を振り返りながらのトークショーや、歴史を振り返るコラージュムービー、ライブシェイプなど盛りだくさん。1980年代から90年代のスノーボードの変遷を皆で感じて、歴史を遡ろうというイベントです。

deus-vintage

https://epic-snowboardingmagazine.com/information/events/vintage-snowboard-meeting-2018/

スノーボードの歴史を感じる

ここからはイベントの様子を画像でレポートしたいと思います。参加出来なかった人は是非次の機会に!

展示されたビンテージスノーボードの数々。今のBURTONのロゴはこの頃からありますね。

IMG_9930

エッジの周りの作りやカーブの形状まで全然違います。

IMG_9937

時代を築いてきたライダーを遡る(世代が違いすぎて全然知らなかった)。

IMG_9934

メソッドのスタイルはバックトゥルーツの流行りの影響で現代に通じるスタイルが既にありました。

IMG_9935

ライブシェイプの様子

IMG_9936

1977年-1993年までをオリジナルのコラージュムービーで振り返りました(既にテリエがヤバイ)。

IMG_9943

ビンテージスノーボードの魅力とは

日頃馴染みがないビンテージスノーボードを2時間くらいお酒を交えながら楽しみました。その中で感じたのは先人たちのフリースタイルマインドが今日のスノーボードシーンを作り上げてきたということです。

80年代始めのスノーボードはバインディングのシステムもガッチリと足をホールドするものではなく板の形状は、お世辞にもコントロールしやすいとは言い難いものです。そんな中でも映像では360に挑戦してみたり、バックフリップしてみたり、メソッドしてみたり。誰一人メイクしてなかったのですが、めちゃくちゃ楽しそうな画でした。

その遊びの中で、「どうすればかっこよく遊び(スノーボード)を表現出来るのか」それを飽くなき探究心で、楽しみながら突き詰めてきた結果、僕たちが使っているような革新的なギアが生まれ、クアッドコークまでトリックレベルが押し上がったんだと思います。

あえて不自由のあるビンテージスノーボードに乗るということは、ピュアな遊びのマインド(どうやったらおもしろくなるんだ!?)みたいなものを考えて、純粋に感じることが出来る最高の遊びだと思います。

機会があればビンテージスノーボードにも乗ってみたいですね!

実は買い取りモンスターではビンテージスノーボードの取扱もあります!今年の冬はビンテージに乗って原点回帰なんていうのもスノーボードの楽しみ方の1つだと思います。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/q200299612

スクリーンショット 2018-11-28 1.58.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Takahiro Nishii

終わりのない冬を求めて年中スノーボードをしています。アンダーグラウンドとオーバーグラウンドを行き来できるライディングのレベルと知識の豊富さが売りです。 ノルウェーで篭っていたので日本で1番ノルウェーのスノーシーンについて詳しいです。 3S(Snow,Skate,Surf)中心の生活がモチベーション。滑りも仕事もオールラウンドなスタイルを意識しています。

> Endless Winter
> instagram
> Facebook
> Twitter