車のカーナビはもう不要!? スノーボーダーならYahooカーナビと地図で積雪情報を見ながら滑りに行くのが最強の組合せ。

IMG_1820

先日の記事で今まで乗っていたHONDA FITと別れを告げ、「TOYOTA ハリアー」に乗り換えをしました。
詳しくはこちら。

【前編】スノーボーダーの僕と愛車の物語。スノーボーダーな僕が選んだ4WD車。軽自動車からキャンピングカーまで乗り継ぎ、そして現在の愛車は・・・

2016.07.01

【後編】スノーボーダーの僕と愛車の物語。スノーボーダーな僕が選んだ4WD車。軽自動車からキャンピングカーまで乗り継ぎ、そして現在の愛車は・・・

2016.07.01


僕の乗り換えたこのハリアー、
実はカーナビをつけていません!

なぜカーナビをつけなかったのか、そしてカーナビの代わりとして使用している「Yahoo!カーナビ」がスノーボーダーに最強な理由を紹介したいと思います。



新車時カーナビで30万!? 僕には買えませんでした!!


カロッツェリア(パイオニア) カーナビ 楽ナビ AVIC-RZ33


さ、さ、さ、三十万円!!?

そう、カーナビの値段です。
中古車を乗り継いできた僕としては、あまりの金額の高さに衝撃を受けました。

金額もさることながら、冷静に考えると、「カーナビ×10個」「新車本体と同じ金額」になるという事実です。
僕が買った車のグレードはノーマルで300万円くらい、その10%がカーナビ代という事実に衝撃を受けました。

高すぎるYO!!!


IMG_1914
そして僕は、カーナビレスを選択しました。
もちろん、カーナビに付随するバックカメラもつけていません!

新車を購入した時に、カーナビをつけていないという事を周りの友人に言うと驚かれることが多いです。
それくらい、車にカーナビをつけるということは一般的なことなのかも知れません。

僕がハリアーを購入した際のカーナビのオプションを見ると、おおよそ下記のような感じです。

  • 10万くらいの簡易カーナビ(但し、走行中とかはTVが見れない)
  • 20万くらいの高性能カーナビ
  • 30万くらいのビックモニターのカーナビ


後付けでオートバックス等で購入したとしても、工賃を入れて10万から20万くらいはするかと思います。


そこでYahoo!カーナビを活用!あまりの便利機能に僕は涙した。Google Mapとの違い


カーナビ ※参照:Yahoo!カーナビ公式 http://promo.carnavi.yahoo.co.jp/

Yahoo!カーナビ アンドロイド版はこちら
Yahoo!カーナビ iphone版はこちら

カーナビとしてGoogle Mapを使用している人がいますが、Yahoo!カーナビは、カーナビという名前の通り、車をナビするための機能がつまっています。
それらを紹介したいと思います。

積雪情報が見れる!!

20151221_map_snow02_2 ※参照 Yahoo!地図ブログ

別アプリのYahoo!地図を使うことで、積雪情報を確認することが可能です。
スノーボーダーならば、積雪を見ながらパウダーを狙いにスキー場へ行けます。
Yahoo!地図とYahoo!カーナビとの連携もできるのでスノーボーダーにとっては最強の組合せとなります。

ちなみに、2016年4月17日をもって、15-16シーズンの雪情報の配信は終了しています。おそらく16-17もシーズンイン前にサービス開始となるのではと思います。


案内表示がわかりやすい

例えば、交差点を曲がるときなど、非常にわかりやすく案内がなされます。

IMG_1913

また、スマホを横にしても横表示対応がされます。
タブレットの場合など非常に便利です。

IMG_1912

高速道路走行モード

Yahoo 道路交通情報 ※参照 Yahoo!地図ブログ

一般的なカーナビと同様に高速道路に乗ると、高速道路モードになります。
GoogleMapの場合、あくまでマップ上の移動が表示されるのみですが、Yahooカーナビの場合は、高速道路モードになりつつ、分岐では前述の通り案内がわかりやすく表示されます。

また夜間も白黒を反転して表示させる夜モードもあります。

20150807_carnavi_guide0102_09-10a ※参照 Yahoo!地図ブログ


余計な裏ルートを通らない




GoogleMapでの道案内は、大きい道路を優先という概念がないため、SUVでは通過することが難しいような細道がルートとして選択されることが多々あります。
Yahooカーナビではそのようなことは皆無(逆に言うと細かい裏道は表示されない)のため、大型のSUVを乗っている人でもかなり安心です。

僕はGoogle Mapを使っていた頃は、これで何度も細い田んぼ道を走らせれて苦労しました。


取り付けには、磁石タイプのものがスマートで超便利




使い方は簡単。スマートフォンのケースの裏側にシールタイプの強力な磁石をつけるだけです。
僕の場合はケースをつけていないため、そのまま携帯に磁石シールを貼り付けしています。

IMG_1917

僕の場合、ダッシュボードが合皮となっており、スマートフォンフォルダー等の取り付けが難しかったため、磁石タイプのものを使っています。
エアコンの風口にとりつけましたが、非常に小型でシンプルのため、完全にオーディオと同化しています。

IMG_1837

磁石は強力なので、振動で落ちたりズレたりすることはありません。

なにより見た目が非常にスマートです。


SIMフリー携帯を使って、カーナビ専用として車に常備する


カーナビをつけないという選択をした僕は、ある意味30万を節約したに等しいことになります。
なので、僕はSIMフリーiphoneを友人からもらい、iphoneを車専用のカーナビとして使用することとしました。

ちなみに、アンドロイドであれば、SIMフリー携帯はもはやアマゾンで1万円以下で購入できる時代です。



そして、SIMフリー携帯には、データ通信だけできる格安SIMを買って使うことにしました。
僕の場合はDMM mobileでお値段は月額850円、通信制限は3GBとなります。

データ専用のSIMです。
ドコモ回線なので、今まで不便を感じたことはありません。

通信費は、850円×12ヶ月=年間1万円ほどです。
10年使っても10万円なので、新車時のカーナビの3分の1以下となります。


車は週末に利用するのがメインですが、Yahooカーナビなどを使用しても、僕の場合3GBで余裕で収まっています。(道がわかる場合はカーナビをほとんど使っていないため。)

今の時代、格安SIMがあるため、データ通信専用のSIMであればかなり安いです。


僕の場合は、SIMフリーiphoneのため、最悪自分の通常使っているiphoneを自宅に忘れても、icloudで同期されているので、データ通信SIMでもFacetimeの通話やメールもできるため非常に便利です。
また、万が一、車が盗難にあっても、車内にiphoneがあれば、iphone追跡で探すことが可能です。


アマゾンのPrime MusicとBlueToothのFMトランスミッターでさらに快適


IMG_1915
僕の場合は、AMAZONのPrime Musicに入っているので、FMトランスミッターでFMに音を飛ばして聞いています。Prime Musicは音声なのでパケット使用量もそこまで多くないし、オフラインでの再生も可能ですのでかなり使い勝手が良いです。

IMG_1916





最後に、「カーナビをつけない=バックカメラもつけない」という事になります。
逆にいうと、バックカメラのオプションもかからないため、オプション料金がかなり抑えることが可能です。

カーナビはカーナビで良いところがありますが、今の時代カーナビレスという選択もアリかも知れませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モンクリさん

生粋のスノーボーダー。 よくお勧めのブランドは?と聞かれるが、ボードはやはりB-POP、ウェアはジーンズメイト、ブーツはNAKED派。来季はMASSOへ乗り換え検討中。 世界各地をバックパッカー、NZ留学、ヨーロッパ自転車横断を経て東京理科大卒業後、金融業界でサンデーボーダーに転身、その後世界一周を経てスノーボード買取専門店のスノーボード買取モンスター(モンスタークリフ株式会社)を創業。